ビブラ!サッポロ!!

嗚呼、終わっちまった悲しみに。
ツアー振り返りつつ、この大いなる11月を反芻しつつ、小雪舞う午前2時の札幌市内を焼酎片手に一人散歩。
ボヘミアン気分でいましたが、やはり冷え込み激しく。

これがテレビ塔で

これが時計台?


宿に逃げ込みお湯割りにて乾杯継続中なのでした。
嗚呼。終わらせたくない夜。

いきます。

集合完了。楽しい旅にしてやるぜ。

北へ向かうためには

北へのツアー準備のために、本日ライブ終わりのハックルを捕まえて下北沢でリハーサル。
仙台はカフェではなくライブハウスなのでロック色強めてのラックルガリーんなのだ。

アコースティックでのラックルも気持ちよかったけど、やっぱりハジがドラムを叩くだけで一気にイキがよくなるのだ。
ただしイキが良すぎる部分も出てくるので、そのあたりを年長者の我々がたしなめつつのリハなのだ。
だがしかし、ツアーに出れば全てにおいて一番頼りになるのがハジなのだった。年長者たち、反省。

ロックチューンのラックルも程よく仕上がりやる気満々。
旅立ちまであとわずか。
待ってて下さい、仙台、札幌の紳士淑女。
俺たちも待ちかねているのです。
いい夜を作りましょうぜ。

秋活

ツアーの合間も晴れてりゃ止まらぬ秋活動。
秋ってやつはかなりの俊足の持ち主、気がつきゃ走り去ってしまうものなので、こちらも必死にしがみついて堪能しなければね。
まずは今週の日曜から月曜は毎年恒例のタマオ会。
10年前のバイト仲間がいまだにつるんで温泉旅行。人の繋がりってのは熱いもんだ。
厚木のシロコロホルモンをキメてから熱海へ。
梅園にて早咲きの梅など確認し、旅館へ。
バカでかい王宮風の展望風呂に海一望の露天風呂。
のぼせ上がったところでガッツリ夕飯&UNO祭り。
仕上げは鎌倉七里ガ浜のカレー屋さん「珊瑚礁」でフィニッシュ。
例年通りの充実ハッピー、食い疲れ。
熱海朝景
海の日の出

一日休んで、昨日から今日にかけては丹沢へ。
まさに見ごろの紅葉三昧。しっかり歩いて避難小屋泊。
月夜の夜空と風の音。良い風情を楽しみつつバーナー点火でおでん祭り。
熱燗半升味わって睡眠。ほんと綺麗な夜空では夏の大三角を冬のオリオンが追いかけていました。
丹沢夕景
山の日暮れ

天気が優しいうちに皆様、秋をご堪能あれ。
例年同様当たり前ながら、「今年の秋」は、「今年だけの秋」ですからねぇ。

サンキュー、西日本

ハックルベリーフィンwith裸眼の西日本ツアーから無事に帰還。
例によって頂き物の酒&おつまみでしみじみモード。
西日本というくくりで正しいのかどうか分からないけど、とにかくこの10日間、僕のコンパスはWESTを示していました。

10何年ぶりという場所でさえ訪ねてきてくれる人がいたり、25年ぶりの思いがけない再会があったり。
このツアーは僕にとって、「歌を歌った」っていうことの意味を、突き刺さるほど物凄く思い知らせてくれた日々でした。

なんでも本気でやったことは、伝わっていくみたいだよ。
それは曖昧なものじゃなくて、きちんと結晶化されていくみたいだよ。

照れくさいけど、それでもちょいと真顔で、そんな風に人に言えるようなね、貴重な愛情をくれた皆さん。
本当に本当に、ありがとう。
この経験と感情を大事に引きずりながら、僕は次の指針を進みたいと思いました。

大阪、福岡、広島、京都、名古屋の各会場&休養地の米子で出会った皆様。
そしてカスタネッツも裸眼も含めて、今までに僕の歌を聞いてくれた皆様。
僕の歌を意味あるものにしてくれて本当にありがとう。
それが僕の今の、ただひとつ思う、誰にも負けない気分です。

そして10日間、僕を支えてくれたハックルベリーフィン。
彼らと出会えたことを本当に幸運に、誇らしく思うのです。
ありがとね、サク、タケ兄、ハジ。
仙台、札幌も楽しみだね。

そして12月のカスタワンマン。
コミもケンイチロウもタケも、手ぐすね引いて気合を入れているんだろうな。
いい連中とだからやれること、出せる音。
僕は恵まれておりますぜ。ヘヘッ。

追記にツアーで撮った写真をちょろりと乗せておきます。
お暇ならどうぞ。

続きを読む

プロフィール

マキノゲン

Author:マキノゲン
忘れた頃に更新っすよ。
忘れた頃に思い出してくださいな。

裸眼音源
Snaps
音源とグッズ通販
LIVE情報
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示