鮭を焼く

今日はマルさんの命日なので北海道産の高級鮭切り身を丁寧に焼くのである。

高級なので箸でひっくり返してもボロボロしたりしないのである。

鮭の焼ける匂いとかすかな煙りがあらゆる記憶を身近に引き寄せてきて、
すっかり楽しくなってきた僕はマルさんと戯れながら鼻歌交じり、ただし真剣に鮭を焼くのである。

丁寧に丁寧に・・・ただただ心をこめて焼くのである。

それだけである。

正しいホリディ

晴れた日曜日に渋谷で映画なんて、まるで思春期の定型行動みたいでちょっと心高ぶるのです。
劇団子のアベくん、ヤマザキくんが出演している映画「スペアキーな冒険」が一日限りで上映されるということでお呼ばれ。いそいそと出かけたのでした。

渋谷のTutayaシアターという映画館、イスがふわふわでね、実に素敵な座り心地。
おかげでゆったりとした気分で映画に集中できました。
ただし、映画の中で出てくる人たちがみんなしてやたらとタバコを吸うのだよ。
それをみてると喉の奥がキュキュっと一服したがって辛かったです。

映画の内容は見てのお楽しみですが、差し色が効いた僕好みの色味の映像と、登場人物たちのささやかな凛々しさが僕を刺激したのでした。

コミとタケも来てたので、夕方からモツを焼きつつ文化論など戦わせつつビール&ビール。
その後なぜか玉突き大会。
玉突く男
俺とコミは横浜時代にかなり玉突きまくっていたので腕に覚えがあったのですが、悲しいかな。
酒に弱くなっているらしくボロボロ。
変なフォームで玉を突っつくタケに敗北の危機。
玉突く腕
終電ぎりぎりまで戦いは続いたのでした。
なんだか正しく遊んだホリディでした。

ホゲットミーノット

今日もいい天気でしたね。
春に浮かれまくったそよ風が「どうっすか、この感じ!ちょうど良くないっすか!」と言いたげに吹いていて。
なんともこそばゆい感じの心地いい「The春の日」でしたよ、僕の現在地では。

日々の糧を何とか埋めての帰り道、いそいそ気分でスーパーに立ち寄ったら、小さな出店でおこわ発見!
セイロの中でもち米交じりの米ボーイズたちがあまりに幸福そうなので一人前ゲット。
帰宅後早速いただいたらやっぱり口からこぼれ出ました
「嗚呼!」という漢字二文字が。

忘れがちな大好物。なんだか謎かけ的なパラドックスみたいだけど、ありますよね。
「大好物を3つ!大声で叫べ!さぁ、さぁ!」と紋切り型で問われると脳より先に胃袋が反応、
内臓型の意見が飛び出して「ウナギだよ!ウッ!それとスシスキヤキ!」となってしまいますね。多くの場合。

だけど今回のおこわみたいにね、普段は地味に静かに笑ってて、こちらが気づいて歩み寄ると必ず幸福にしてくれる。
そういう「忘れがちな大好物」が誰にでもある気がします。

実は数日前にも僕、「嗚呼!」でちゃったんですよ。
これで。

とろろろろ

とろろ先輩です。
野菜高騰のご時勢、あまり天候の影響も受けず地味に育った大和芋。
心をこめて摺りまして、豆腐の上に茹でてわさび醤油に漬け込んだ鳥ささみと一緒に乗っけた一品。
とろろさん、どうやらあなたが大好きです。永久に。

忘れがちな大好物。
そんなたたずまいを手に入れたいものですねぇ。

注:タイトルの「ホゲットミーノット」
一昔前の競走馬の名前です。
由来はフォーゲット ミー ノット
これは「忘れな草」の英名らしいんですよ。
英語もなかなかうつくしいけれど、「忘れな草」という響きの情感にはかなわないような気が。
日本語ってすごいですねぇ。

黄金だったね、週間が。

ずっと晴れが続くGWなんて珍しかったですねぇ。
みなさん、なんとか黄金色の日々を過ごすべく張り切って楽しんだことでしょう。
おいらも広々した公園でジョギングしたり芝生に寝転んで読書したり。
さらにはガストの「はみ出るステーキ」などというお御馳走も堪能。
おいしかったわ~、お肉。

自転車生活からバイク生活、さらに今年に入ってからのエフェクタ職人生活のせいでだいぶ体がなまってきているようなので、ガンガン負荷をかけてタフですばしっこい肉体をゲットする予定。
時折「はみ出る~」シリーズで贅沢もしつつね。

明日も晴れるといいな。
プロフィール

マキノゲン

Author:マキノゲン
忘れた頃に更新っすよ。
忘れた頃に思い出してくださいな。

裸眼音源
Snaps
音源とグッズ通販
LIVE情報
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示