夏の手前にて

夏の手前、杉並区は雨模様の本日。
皆さんいかがお過ごし?
W杯後、そのまま僕のテンションはツールドフランスに移行して燃えっぱなしの日々です。
しかも「おいでよ 動物の森」というDSのゲームを入手して軽くはまりつつある状態。
おもしろいんだよ、これ。不覚にもハマルぐらい。
エクセルで村のマップを作って、環境整備に燃えています。

さらに8/18に裸眼のライブも決定、カスタの曲作りも進めつつでじめじめしながらも忙しいのだ。
もうじき入道雲も現れるだろう。
万全の準備で迎えたいものです。

以下、裸眼の告知です。
    ↓

続きを読む

ゲームへの情熱

僕はそんなにゲーム好きじゃないんだけど、時々急にのめりこんでしまうのです。
ドラクエとダビスタには大ハマリ、数冊のノートをゲームデータで埋め尽くしながら膨大な時間を費やしました。
そして今、「おいでよ。動物の森」というゲームにのめりこみそうになっています。
いや、すでに村の詳細な地図は書き上げております。
専用ノートも書き込み開始しました。

ゲーム内の自分の村で動物たちと一緒に、魚や虫を取ったり家具を集めたりするゲームでね、最初は「いまさらゲームなんて」と馬鹿にしてたんだけど、やり始めたらもう夢中、異常な集中力を発揮しまくっています。

やがて月日が経てば「なんであんなに熱中してたんだろう。貴重な青年期の時間が無駄に・・・。あーもう、俺の馬鹿!」と反省するのは目に見えてるんですが止まりませんよ、この謎の情熱は。

こういうゲームやってると、現実の人生にもゲーム的要素が欲しくなります。
たとえば『町内の全員がそれぞれのキーワードを持っていて、それを集めて組み合わせると町会費で買った豪華なお宝アイテムの隠し場所が分かる。
そのため普段は挨拶もしない住民たちは、やたらとコミュニケーションを図るようになる。
やがて芽生える「同志」意識。
我々はいつしか団結し宝の場所へ向かう。
しかしそこには町会役員たちの恐ろしい罠が待ち受けていた・・・。』みたいな事があってもいいかなと。

蒸し暑い部屋で村の見取り図を眺めながらそんなことを考える僕の人生はリセットされることなく終わりまで続くのでした。

プロフィール

マキノゲン

Author:マキノゲン
忘れた頃に更新っすよ。
忘れた頃に思い出してくださいな。

裸眼音源
Snaps
音源とグッズ通販
LIVE情報
【ザ・カスタネッツ】
【東京】イベント
下北沢 CLUBQue
2017/10/27(金)
-------------------
【裸眼】→牧野のソロ活動
●裸眼2.0(マキノゲンwith鈴木淳)
【東京】
新宿red cloth
2017/10/?

【東京】
下北沢 ?
2017/10/?

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示