時間の詳細

今現在師走真只中先生方走りまくりの12月最終週、寒さ厳しい中皆様お元気でしょうか?

この時期一番輝いてるのがお風呂です。
幸福の象徴ですね、あの温かさは。

子供の頃はそんな温かさという幸福に気づかず、親に連れられて銭湯に行っても、「早く出ようよ、甘いの(イチゴ牛乳のこと)飲もうよ。」と親をせかしたものです。
しかしすでに風呂という名の幸福に気づいている父は「わかったわかった、それじゃ今から100数えたら出よう、そうしよう。」と言って無理やり100数えさせたものです。
今考えればたかが1分少々であろう100数えが、僕ら子供には大変長く感じられ、弟などはたまらず湯船でウンチしちゃったりで大変でした。

100秒が永遠のようだったあの頃から、あのままただ数を数えて生きていったら今どのぐらいを数えているんだろう。
なんとなく電卓で計算してみました。
あれから30年、夜も眠らず数えつづけたとして、現在946080000ぐらい。
9億4千8百6万です。
意外、一睡もせず数えつづけても10億も行かないんです。
なんだかショックでした。
イチローなんか自分の給料を一円玉でもらったら、それを数えるだけで一生過ごしてしまうわけですね。
30年は長いけど、9億秒は短い。
よくわからないけどなんだか慌てさせられる発見でした。

それでは皆さん、よいお年を。死ぬほどいい年になりますように。

初めての時

すっかり寒さも増してきて、今日なんか初雪が降りそうなねずみ色の空です。
今でこそ「あれ、雪かぁ。もうすっかり冬なんだな。トーフ買って鍋なんだな、鍋。」といそいそするだけの初雪ですが、初めて雪を見た時僕は何を思っただろう。

ねずみ色の空からゆっくりとあるいはまっすぐに降って来る雪を見てガキだった自分が何を思ったか、もう全然思い出せません。
少年時代って大抵の事が初体験だった訳で今考えれば緊張の日々、とにかく初めてだろうがなんだろうが突っ走るのみ的な時期なので、きっとそんなにしみじみ初体験を味わう余裕が無かったんでしょう。
だから場面は思い出せても気分が思い出せないのかもしれません。
でも小学生の時好きだった女の子に「おはぎ」を作ってもらった時、あれは舞い上がったな。
何だか無性にうれしく誇らしげな気分になったのを覚えてます。
初恋の味でした。
それから車の免許を取って初ドライブをしようと思い、兄貴が大事にしていた車を動かして家の車庫にぶつけてバンパー周辺がボロリと取れた時、あの時のお先真っ暗感は今でもかなり忘れられません。
それ以来車の運転は封印しましたね。

その後もプロモビデオ撮りでの恥ずかしき初化粧や初カウンター高級寿司などいくつになっても思わぬ初体験って奴は訪れるようです。
世界は広いし人生はナゾだらけだし、まだまだ色んな事が起きるんだろうねぇ。
楽しみですなぁ。
まずは今年の初雪と憧れの初スッポン鍋の訪れを楽しみに待っている今日この頃でした

プロフィール

マキノゲン

Author:マキノゲン
忘れた頃に更新っすよ。
忘れた頃に思い出してくださいな。

裸眼音源
Snaps
音源とグッズ通販
LIVE情報
【ザ・カスタネッツ】
【東京】イベント
下北沢 CLUBQue
2017/10/27(金)
-------------------
【裸眼】→牧野のソロ活動
●裸眼2.0(マキノゲンwith鈴木淳)
【東京】
新宿red cloth
2017/10/?

【東京】
下北沢 ?
2017/10/?

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示