FC2ブログ

灼熱サバイブ!

はてさて、何しろ毎日がただただ猛然と暑いもんでね。
どこまで日々が進んだのやらこの夏はおぼろげなままむやみ勝手に邁進しておるのぉ。

7/19のライブも終わった猛暑日の夕暮れにコミが所沢まで来てくれて、ライブの模様も聞いたし、みんなからのたくさんのメッセージカードも届けてくれたのだな。
まぁ照れくさいのだけど、うれしいことこの上無し、ああ無上。
なんだろうな、強制的に思春期にさせられた感じなのか、どうにもこうにもニヤケちまったのはしかたがないかね、こりゃ。
まったくもう、エビバデラビニューなんだよ、おいら大抵。
大抵いつもそうなんだよ、おいら。参るね、ほんと。

僕の舌はね、手術後ひと月ほどたったわけで、一昨日に検診に行ってきました。
経過は順調、切り口もほぼ表皮化してきてほぼ痛みもなくなったのだ。
それによって大体の形もはっきりしたのだけれどね、なんというかソラマメみたいな。
敢えてファンタジックに例えるなら、古の勾玉みたいな。
そんな形の舌になっております。イメージ湧くかな?

左右非対称になったことで、筋力のバランスが崩れたのか、舌がねじれて傾いており、どうもうまく発音が出来ない苛立ちはある。
そこを何とかうまいこと操作できるようになれるのかが今後の課題。
サ行やダ行の滑舌が特にうまくいかん。
試みに「アサダアメ!ミズアメ!」って言ってみるとまさに懐かしCMの栄六輔先輩的な素敵ニュアンスでね、期せずしてモノマネレパートリーが増えちまったよ、うれしい悲鳴。

でもって先日。
高校時代の彼女から急にメールが来て、なぜか現在俺の母とメル友になっている事が発覚。
どうやら3年程前に携帯を始めた我が母は、俺宛に実家に連絡のあった我が旧友たちを全てメル友化しているようなのだ。
電話無精かつメール無精の俺としては、とりあえずの我が生存確認窓口があることはありがたい。のだがね。
母親経由で大げさに俺の病気情報も伝わったようで彼女、必要以上に心配してる様子。
俺は『案外平気なのだ!、ちょっと猫舌になって滑舌も悪くなったけど、かえってバイト先の女子達には面白がられているのだ!ラッキ~!』と、真実を正しくメールで伝えたのだけれどどうも信用してくれないのだ。
本人の俺のいう事よりも、お袋の大げさな「手術で舌を切ったのよ!舌を!」『えっ!舌を!』「そうなのよ、あの子はホントにもう!あらっ、そういえば舌切り雀ってどんな話だっけ?」的な我が母の振幅の激しい世間話につられて我を忘れたのだろう。
そうゆう大らかな無邪気さがある奴だったな、確かに昔から彼女は。
すまん、ほんとすまん。その心配は無用なのだ。俺はホント元気なのでね。

誰の人生にも傍から見ると、どうも自分では思いがけないような、様々な切り口の外からの視点がボコボコ空いているようなのだ。
急に意外な角度から覗き込まれたり声をかけられたりして、あわてて自分の佇まいを見直すような。

単線を勝手に進むはずだったような個人的な日々が、思いがけずどこかで交差したり、無意識な信号の切り替わりがあったりして、いつの間にか日々が複線化しているときがあるようなのだ。
無地のキャンバスの上を長い時間をかけて、色々な人たちの折々の一筆が何気なく書き足されていって結果、濃密な色彩がじんわり現われ残されていく。
そんな贅沢な時間が案外、誰の日々にも訪れているのかもしれない。
と、想いはすれども心はなかなか心地よく浮上して俯瞰で自分をとらえてはくれず。
とりあえずの真夏な実感として最高気温にのみやたらと敏感、「なに!明日は今日より更に高温多湿だと!嗚呼、末世、この世は風呂か、夏風呂か!えーい畜生!ストレートパーマお願いします!」とやけくそ気味に美容院予約しがちな、お盆前のおいらなのでした。

追伸
この夏は舌に優しい「柔らかくて冷たいご飯」を研究中。
2018080701.jpg

鳥胸肉を蒸してスープを出して、車麩の落とし卵と厚揚げ、アスパラを煮浸しにしてみた。
いい塩梅でしたぜ。

日常再開

一昨日、退院して我が家に戻ると、すでに裏の雑木林ではヒグラシの鳴き声。
空調の効いた病院での快適な2週間で、僕の自律神経はすっかり堕落しており、猛烈な酷暑に正直ビビり気味なのでした。

昨日はカスタネッツセッションとして、ゲストボーカルのみんなが大奮闘。
カスタ史上に残るスペシャルなライブが行われました。
本日、送られてきた音源を聴いたのだけど、もうね、最高だね。
独り言のようだった楽曲が、自分以外の声が歌うことでようやく「唄」になったような感じ。
曲のセレクトもバッチリでね、ほんとよかった。
ヤーマダ、ガッキー、トモさん、ケイスケ君、ハルさん、ありがとうございました。

僕の現状は、舌の患部は腫れもひいてきて、傷口も薄皮で包まれてきております。
痛みはほぼおさまり、食事も通常食をゆっくりなら食べられるようになりました。
舌の形が変わったので、いままで50年間無意識に使っていた舌の動かし方では、すぐに舌をかんでしまうし滑舌も悪いので、新たな発音方法を研究しないといかんようです。
あと2か月ぐらいで患部は新しい表皮で覆われて落ち着くようなので、それまでは無理せず無口な漢でいようと思っております。

今回の舌癌はライフの洗礼、「終わりの始まり」を僕に意識させてくれました。
今までよりも一日一日を大事に出来そうです。
酷暑、大雨、厳しそうなこの夏ですが、眩しい時間を過ごせたらいいな。
熱中症に気を付けつつ、うちわ片手で生きてゆきたいと思います。
皆様もご自愛しつつよい夏を。

梅雨の終わりと夏のほとりで

慌ただしかった今週もばたばたっと終了。

一昨日に兄貴経由で両親にも病気のことを伝えたんだけどね。
途端に「ドクダミを患部に貼るといいんだって!藤棚の御婆ちゃん(母方の祖母)はそれで舌癌治したんだから。ドクダミ送るからね!」という具合にややこしい感じで母ちゃん張り切ってしまっていたので、ドクダミ系は全て遠慮する旨と、とりあえず頑張ってうまいこと治す旨と、お中元には野菜ジュースを送るから大いに飲んでほしい旨を長電話で伝えて、なんとか落ち着いていただきました。

病気っていうのは自分の場合より、人が罹った場合の方が、敏感になってしまうみたいですね。
僕自身は、今は舌の痛みも落ち着いてるし、来月初旬の入院手術の日程も決まったしで、あとは切って捨てるだけ、あばよガンちゃん、治ったらわさびのガッツリ効いたおいしい寿司食べよっ!という具合に、回復ロードマップは想像上で出来あがっておりますのでね、心ワクワクしております。

ホントにたくさんの励ましを頂いてしまったし、すごい久しぶりな人からも連絡が来たりして猛烈に恥ずかしいやらやんわりとうれしいやら。
申し訳ないぐらいに、おいらはしっかり元気なんですよ、ハイ。
どうぞご安心くださいまし。

今いる場所は、梅雨明けからの夏の入り口辺りかな。
良い季節の良い頃合いのはずなのです。
まぶしげに眼を細めつつもしっかりと、強い夏の日射しをニヤリと迎え撃ちましょうぜ。

面目ない話で済まねっす

いい歳こいて面目ないのですが、ライブを飛ばしてしまいます。嗚呼!面目ない!

去年から変だなと思っていた舌の不調、5月のカスタワンマン終了後から激しく痛むようになったのでこりゃたまらんと今までの病院ではなく新宿の大病院で再検査を依頼。
すると舌癌のステージⅡ状態と判明。
その後全身の検査をしたけれど、とりあえず転移は無いようなので、一安心。
ベロを切るのは抵抗があるんだけど、飯も食えないほど痛いんじゃしょうがない。
心配してた6/15の山田との弾き語りライブが、痛み止め効果と興奮によるアドレナリン効果でたいしてダメージもなく無事に楽しく終わったので一安心。
後はとにかく転移する前に取っちまおうと、翌日から連日病院通いなのでした。

7/19に予定していたQueでのカスタライブは、癌と分かってすぐにQueの二位さんに相談。
『ただライブをキャンセルしてしばらく沈黙するよりは、ゲストボーカルでもカスタの名前できちんとライブをした方がいいんじゃないか』との提案。
なにより自分の曲を人が歌ってくれるってのは思いがけず興奮する話だ。
二位さんとコミに取りまとめをお願いしたところすげえメンツが集まってくれちゃった。

大木温之(Theピーズ)
TOMOVSKY
井垣宏章(無限放送)
鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)
山田稔明(ゴメスザヒットマン)

こりゃ多分、相当俺の曲も輝いて響いちまいそうだ。やバス!
対バン予定のSaToMansionこそいい迷惑であろう、本当に済みません。
回復したら東京バナナ持ってライブに伺わせていただきますのでなにとぞなにとぞ。。

7/28は鈴木淳との裸眼2.0で水戸のボージャングルスでライブ予定だったんだけど、これは延期とさせてもらいました。
水戸のカトウさん、済みません。
元気になったら即再戦させていただきますので、よろしくお願いします!

それとね、実は7/18がスズキジュンの誕生日、50歳記念のライブ計画があったんだ。
だけど俺がこんななのでジュンも「元さんが治るまでやらない」なんて言っててね。
でもせっかくなんだからせめて奴の店「ブラブラブラ」でなにかイベントをやってくれとお願いしといた。
7/18、暇があったならどうぞ、ジュンを祝ってやってくださいな。
そして7/19はQueである意味二度とない、スーパーカスタネッツを是非見てほしいよ。俺もみてぇな~。

おいらは7月の5日ごろから入院して、初旬に手術の予定。
入院も手術も初めての経験だ。
派手なパンツでも買っておこうかな。刺青Tシャツも買っておこうかな。
とりあえず不安も何も無視して、癌だろうが何だろうが、初体験を面白がってみたいと思います。
地震や大雨、いろいろあるんで、皆様こそどうぞ!お元気で良い夏を!




ゴメ山とカス牧の結果報告

あれまぁ、4日も経っちゃった。勝手に経るねぇ、6月の日々は。
遅まきながら。
山田との二人イベントin下北沢ラプソディ20180615はね、とても楽しく終了したんだとさ。
IMG_20180615_002.jpg
二人とも最初から最後まで出ずっぱり、コーラスしたり、ハープやピアニカ吹いたり、あるいはただただ拝聴したり
IMG_20180615_001.jpg
山田は後輩ながら、僕が知る限り現役では五指に入る優れたシンガーソングライターでね。
今回もその外れ曲の無い力を見せつけてくれたのだ。
多分、僕が好きな言葉やムード、トーンといったものが、山田も好きなのであろう。
だけど作品としては僕らは全然違うものを作り出している。
同じ入口から入っていったのに違う出口から出てきて「アレッ?」て顔を見合す感じ。
人間の素養や生活が、フィルターとして作用することで、吐き出されるものはどこか違っていくことを再発見の巻であった。
こんな感じのツーマンはとっても有りだと思うな。
またやろう。山田とも誰かとも。
プロフィール

マキノゲン

Author:マキノゲン
忘れた頃に更新っすよ。
忘れた頃に思い出してくださいな。

裸眼音源
Snaps
音源とグッズ通販
LIVE情報
【ザ・カスタネッツ】
【東京】イベント
下北沢 CLUBQue
2017/10/27(金)
-------------------
【裸眼】→牧野のソロ活動
●裸眼2.0(マキノゲンwith鈴木淳)
【東京】
新宿red cloth
2017/10/?

【東京】
下北沢 ?
2017/10/?

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示