今年も半分が過ぎつつあるようで

先週末は、今年上半期の締めくくりの一人裸眼、初のソロライブだったのですが。
数日前より発症しつつあった喉風邪がじわじわと迫ってきており気が気じゃなかったんだけど案の定、当日に炸裂。嗚呼無情。
他人の声みたいなガラガラ声をぶら下げつつ下北上陸。

リハでは今日出せる声を探りつつ、それに合わせて選曲練り直しを試みるも、正直やってみなきゃわからない状況。
開き直り、ジャケットなど羽織って普段よりもあえて気分はキメつつライブスタート。
2017061801.jpg
少しずつ少しずつ声を使い果たしながらの一夜でしたが、なんとか出すもの出せた。
2017061802.jpg
本当なら朗朗たる感じで歌い上げたかった部分もあるので悔しいのですが、これも己の未熟ゆえ。
朗朗たる立派な俺を期待して見に来てくれた皆様、すみません。
今回はカツカツの中でむやみにほとばしるしかできませんでした。
次回があるなら万全の状態で、ジャケットの下にベストまでキメて挑みたいもんだ。

翌日はノドどころか全身風邪気味発熱倦怠感、楽しみにしていた近所の秩父温泉めぐりもキャンセル、今日まで寝て過ごしてようやくの復旧気配。
思えば例年になくいろいろ忙しく、調子に乗ってた今年上半期だったのかもしれない。
我が肉体よスマン。7月はゆるりと寝て暮らそうぞ。

水戸仙台感謝也!

水戸仙台の裸眼2.0&サクマツトム相乗りツアーから帰宅。
梅雨入りとはいえ、なかなかの天気にも恵まれてよい旅だったなぁ。

6/10の昼過ぎに集合、今回の道連れ役、ハックルベリーフィンのサクマ号に相乗り、不惑の中年旅団発進。
男3人、緊張と興奮を持ち寄って賑やかな車内、2時間もすれば水戸到着。

ボージャングルスは変わらぬ怪しい佇まい、愉快なマスター夫妻も健在、さっそくリハ。
前回とはPAシステムが変わっていてちょっと手こずったけど、不惑な俺らには関係ないぜ。
ライブはオープニングアクトを飾ってくれた「日々かりめろ」の二人と、サクがキュートかつ柔らかく盛り上げてくれたあとの登場なので非常にやりやすかった。
2017061001.jpg

2017061002.jpg
吹き抜け空間の気持ちいい部屋鳴りがする会場なので、ついついテンションが濃くなってしまう。
胸からノドまで、有るもの出すだけ出していい汗かいて終了。
ママさんの手料理がドカドカ出てくる打ち上げ開始。
今回もお店の常連さんやお客さんとワイワイ深酒。
運転手役のサクはホテルでゆっくり休んでもらい、寝袋持参の俺とジュンは、そのままお店で寝かしてもらっちゃいました。
こんなのアリなのがボージャングルスの凄いとこだ。感謝∞!

翌日は仙台まで好天の下を愉快にドライブ。
日立にある海沿いの温泉に立ち寄って、太平洋を目の前にしながら入浴してリフレッシュ、贅沢!
仙台は「絆祭り」という東北6県のお祭りを一堂に集めたイベントの真っ最中で、交通規制の嵐。
何とか荷物を搬入してワッセワッセとリハ、のちライブ。
2017061101.jpg

2017061102.jpg
「うさぎや」さんでの前回ライブは、裸眼2.0を始めたばかりのツアー初日で、固いライブになってしまった。
今回は落ち着いたまま全開になれた気がする。いいライブが出来たと思う。
相変わらず美味い料理に酒も進み日付が変わってからホテルで就寝。

今日は仙台から東北道をのんびり走って、SAで休憩するたびにラーメンを食っての満腹型移動方式。
2017061201.jpg
サクがいることで、いつもの二人旅とは違うバランスと視点が生まれて、バカ話が尽きない帰り道であった。
サクちゃん、運転&ワシらの介護ご苦労様、感謝フォーユー!。また一緒に旅しよう!
今週末は一人裸眼ワンマン。今年前半のシメとしてピリッとバシッとやりたいと思います!


荒川線ライブ

昨日は都電荒川線一両を貸切ってコミゲン二人カスタでライブするというイベント、「まちねのわだち7」が開催。
梅雨入り前の好天のもと、午前中に家を出て、下見がてら東池袋から荒川線にのって集合地点の三ノ輪橋へ。
沿線住民の大事な生活の足として利用されている荒川線は今日も終始混んでいる。
途中で偶然にもコミが乗車してきてびっくりしたよ。
2017060301.jpg
三ノ輪橋に到着、イベント企画者の雅子嬢ひきいるチームと合流し軽く打ち合わせ。
本日の会場となる車両「7701」に13時乗車。

2017060305.jpg
お客さんが乗ってくる王子駅までの30分でPAの仕込みや音出しチェック、非常にタイトな進行である。

王子駅でお客様ご乗車完了、出発進行。
まずはコミが事前に吹き込んだ車内アナウンスを流してからライブ開始。
やはり揺れる、揺れる。
このイベント経験者の山田稔明より「うまく椅子とか壁に寄りかかって歌わないと無理ですよ」とのアドバイスを受けていたので、
マイク位置を調節しつつ、力いっぱい踏ん張って歌いました。
2017060306.jpg
窓の外は初夏を思わせる明るい陽射し、流れていく沿線風景。
何とも不思議な、何とも愉快な感覚。

2017060307.jpg
選曲はコミゲンコンビ結成直後の87年~90年ぐらいの初期曲を中心にしました。

01.キャラバン
02.夏なんです
03.はじめまして
04.つれてってよ
05.夕暮れ
06.うたかた
07.シネマ
08.僕はそれがとても不思議だった
09.なんでなのかな
10.スモーキングガール
11.だいじょうぶ
12.それから
13.変わりゆく今よ
14.モノクローム

お客さんも電車と音に揺れながら楽しんでくれていたようで良かった。
膝の上に小さな子供を乗せた方も数人。
子供らも不思議な雰囲気に泣き出しもせず、さすがカスタっ子の子ども達。
日差しの中の小さな空間で笑顔にくるまって過ごせたナイスな時間でした。

終着の三ノ輪駅まで戻ってきたところで終了。
すぐに機材などを車内から数分で出さなければいけないため大慌て。
なんとか運行ダイヤを乱さずに済みました。
コミは夕方から「肉音」なるイベントに参加するべく次の会場へと勇んで向かいました。
俺は雅子嬢チームと打ち上げ。
駅そばにある佃煮屋さんがやってる飲みスペースでのんびり昼酒。
2017060303.jpg
うなぎの小串や肝焼き、焼き鳥に佃煮。どれもうまくて最高だ、近所に欲しい店だ。

雅子嬢から都電荒川線への熱い想いとマニアな知識を伺いつつ愉快に酔ったよ。
夕暮れとともに祭囃子が聞こえてきたので酔い覚ましにお祭りへ。
2017060304.jpg
下町らしい活気にあふれたお祭りで、最後まで気分はハイ。
まちねのわだちチーム、良い一日をありがとう。またよろしく!


5/28ワンマンのセトリと写真をアップ

5/28のライブ写真とセトリをcasta.netのアーカイブコーナーにアップしました。
https://goo.gl/cw1icD

ライブ写真を見ると、こんな顔してやってたのかぁと、いつも思う。
こう見ると、今回のコミの突然のヘアカットにはやはり驚かされたよ。
隣を見るとどうも知らない人がギター弾いてる感じで、なんだか落ち着かなかったのだ。
ケンイチロウはいい顔して叩いている。
タケはカメラマンの位置的関係上、あまり写ってない。すまぬ、タケ。
041.jpg
思いの深い夜の記録、お暇なときにでもどうぞ。

昨日はコミと深夜まで池袋のスタジオで都電ライブのリハでした。
1987年に始まったこのコンビも早30年。
結成当時の青い楽曲も数曲ご披露させていただきますぜ。
多少、コミのアシンメトリックな状態にも慣れてきたのでね、落ち着いて電車のリズムに合わせてのんびりやりたいと思います。

次の週は裸眼2.0でハックルのサクと相乗り旅、水戸と仙台へ。
翌週は一人裸眼のマキゲン弾き語りワンマン。
それ以降は生活案件以外に何も予定なしの白いカレンダー。
少しのんびりしてから、じっくりと未来を予定していこうと思います。

ありがとう

もう一昨日の事ですが、カスタワンマン、メーデーパレードでした。
いろいろな、複雑な心持ちで挑んだ一日でしたが、ステージに上がれば一緒でした。
ただメンバーの音とお客さんの波長を感じながら、その中で必死に歌うだけでした。

弾き語り活動や個人リハで歌いこんでいたはずなんだけど、やっぱり別物でね、バンドっていうものは。
今更ながらバンドで歌うという事の楽しさと厳しさを改めて感じました。
MCも何も考えておらず、ただその瞬間の気持ちをさらすだけで。
特別な一日だったのに他愛無さ過ぎたかもしれないな、すまん。
揚がったりボロったりしながらも、ただ、とにかくカスタらしいライブ、最高に今のカスタらしいライブが出来たかなと自分では思います。
image16.jpg
コミ、マキノ、ケンイチロウ、タケ、この4人のカスタネッツを、いつも以上の熱さで迎えて、見送ってくれた皆さん。
本当にありがとうございました。
そしてケンイチロウ。
持ち前の人間力でカスタを動かし、今の温度のライブ感が作られたのはケンイチロウのおかげだったんだ。
2001年から16年だよ、もう。
ありがとうな。

次の事は、今の余韻の熱がもう少し冷めてから思いはじめようと思います。
でもそんなに先の事ではなく動き出したいと思っています。
壊れながらだって進んでいく、そうありたいと思っています。

プロフィール

マキノゲン

Author:マキノゲン
忘れた頃に更新っすよ。
忘れた頃に思い出してくださいな。

裸眼音源
Snaps
音源とグッズ通販
LIVE情報
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示