FC2ブログ

梅雨空テンダネス

今年も七夕は雨、しかも今年の梅雨は強烈、おっかねぇ。
梅雨時の7月の雨はいままで「そぼ降る」雨っていう印象だったのに。
今年は「篠突く」いや「篠突きまくる」雨のようで。怖いよ、まったく。

我が家の玄関前はどうも周囲よりも低いらしく、雨が降ると半径2mぐらいの立派な水たまりができちゃう。
数日降り続いたらカエルやトンボが卵を産み付けて生態系が発生しかねないぐらいの水たまりである。
進化論からすると、こういう環境だと『水たまりを飛び越せるように』足が長く進化するはず。
なので門を開けて、エイヤと飛んではボチャリと失敗、足元びしょ濡れ・・を何度か繰り返し、諦めて長靴購入、あしながおじさんへの進化断念。
2019070801JPG.jpg
コンビニ行くにも堂々と長靴という、防水優先マイライフで生活しております。

さて7/6からツールドフランスも始まり、僕にとっての7月風物詩が出揃ってきました。
ツールの選手たちもだいぶ顔ぶれが変わって、時の流れを感じるなぁ。
『自分が好きだった競走馬がいつの間にか母馬になってた』そんな感じに近い隔世の感がありますが、やっぱりロードレースは面白い。
これから3週間、PCで情報を集めながら深夜の自転車熱は静かに高まるのでした。

でもって7/5で舌癌の手術から1年が経過しまして。
先日のCT検査でも再発転移は無かったのでまずは一年分の一安心、ぷはー!
舌の機能維持を最優先して、最低限の切除にしてもらったので再発覚悟はしてるんだけど現状無事でラッキー、
とりあえずの良し良し上出来!なのでした。
このラッキーは大事に維持していくのだ!

さらに挙句の果て、オイラの7月風物詩のシメを飾るのが、Queの夏の陣!
オイラとしては前回欠席のリベンジライブなので無駄に力が入ってしまうのだけど、ハックルとのツーマンなら何の問題もない!
2019070802.jpg
自由自在!
のはず!

7/28、日曜日、下北沢CLUBQue、19:00開演。
その日にはきっと、下北沢地方は梅雨明けしているんだな、きっと。
遅い夏の夕暮れ時、西日に乾いたアスファルトの道をポツポツと下って、Queまで遊びに来てくだせ。よろしゅ!

梅雨の晴れ間のうれしさよ

関東梅雨入りとのことで、数日雨には降られたけれど、さすがは晴れ軍団裸眼2.0。
明日はライブというタイミングですかさず梅雨の晴れ間を呼び込みました。ナイス!

6/16は朝から熱い暑い晴天。
早起きしてまずはバイクの整備仕上げ、綺麗にしたキャブレターをバイクに装着しエンジンスタート、キック!
おお、一発で点火してドドドドロドドドロドロドドンドドなどとやや不安定ながらも途切れずにアイドリングしております。
問題だったキャブからのガソリン漏れは解消。やった。
5分ほど暖気してからオイル交換まで完了してとりあえず今回のメンテは終了。
でも問題の主原因であるガソリンタンクの錆取り作業は必要なので、今後も真面目にメンテが必要だろうな。
つい、足代わりに気楽に乗ってたけども2001年製造の20年前近い鉄の塊、よく見りゃそこらじゅうガタガタのサビサビサビ。
なのにずっと屋根なし駐車場暮らしをさせてすまん、SRよ。
しかしね、まだ見ぬ愉快そうな景色の世界が、俺達が行ける国道上にいくつかあるようなのだ。
もうちょいとね、俺の馬鹿旅心に付き合っておくれ。夜露死苦Death。

などと感慨にふける時間もなく、風呂入ってさっぱりしてから昼過ぎに神田に向け出発。
エフェクター作成に燃えまくってた数年前には、年がら年中通っていた秋葉原である。
まずは湯島聖堂と神田明神をお参り。頭もよくなり、商売も繁盛だぜ、ありがたや。
神田の藪蕎麦で練り味噌を肴に一杯やりつつとろろそば、老舗の江戸のお店の相も変らぬ一癖ある感じが素敵なのだな。
2019061601.jpg
それなりに値段はするけれど納得の味と風情。満足。

カスタがアルバム「コンパス」を流通させるときにお世話になったレーベル「Natural Hi-Tech Records」
今日のライブはそのボス、林君のお店の三周年お祝い。
歴史ある中華料理店が母体なのだ。
2019061602.jpg
上海蟹のポスターなど見つつ、ライブ。
いつか食べたいものリスト上位だぜ、上海蟹さんよ。お覚悟を。

俺のギタートラブルもあり、ちょいと落ち着きが無かったかもしれないけど、出せるものは出せたと思う。
あいかわらずカフェとかバーでの最適な歌い方がわからないのだな。
そっと、優しく、素敵に、歌えなくて我ながら密かにイラつくのだが、いままでに成功した経験がないだけに無理を承知の未完の大局。
うまくハマる場所を探して、今後も裸眼はいろいろな場所でやっていきたいと思うのでした。

会場そばの飲み屋で打ち上げ、仙台ライブ帰りの淳は疲れも見せず積極的すぎるほどに付き合ってくれたのだ、ホントあんた酒好き過ぎだぜ、淳ちゃんよ。
学生街らしく終始濃いめのホッピーセットに危なくウトウトするとこだったけど何とか帰宅。
満月寸前の月に、玄関前の駐車場的荒野でしばし立ち尽くし茫然、しつつ帰宅。

昨日はカスタのリハ、バイクでツーリング気分の南下、西荻で気分よく歌い放題。
7月ライブに向けて早くもブイブイし始めているオレら。
今年の梅雨は長いらしいけど、そして大雨や地震などと落ち着かないかもしれないけれども、
それでも『一夏を超えていく』という作業が、際限のないような面倒な年頃の僕らの人生に、今年も一つくさびを打って、一区切りをつけてくれると思うと、なにやらありがたいのだな。

次のライブは7/28、下北でハックルとだ。
それまでには梅雨も終わってるねきっと。
その先に、やがて来るだろう高気圧に軽く会釈しつつの僕の初夏なのでした。 



6/16イベントのタイムテーブル

今週日曜日の裸眼2.0参加イベント「三月の水3周年記念「祝祭」」のタイムテーブルが決まりました。

20190616タイムテーブル小
賑やかなイベントですな。
僕らの出番は20時予定、3FのBarでの演奏となります。
昨日は裸眼RHでいい感じに盛り上がってきてますのでね、お楽しみに~。

枇杷雨

梅雨入りですね。入梅ですね。
梅の実が実る頃なので「入梅」なのでしょうが、「入枇杷」でもよかったのかも、時期的に、「枇杷雨」でね。

この間、近所の方から、庭先に実ったという枇杷の実をたくさんいただきましたよ。
僕は果物の中では枇杷と梨が格別好物なのでありがたや~。
薄皮剥きつつペロリといただきました。
しかしなんとも微妙な味わいだね、枇杷って。
そこそこ甘いし瑞々しいんだけど、なんか作物としての果物っぽくない、プロっぽくない。
出回るのも一時期だけだし、いわば「インディーズ果実」という感じ。
「お前を売り出したいんだ!枇杷!」と迫っても「どうぞ、そっとしておいてくださいまし」という感じ。
でもそこがなんかいいんだよねぇ。

対極はパイナップルかなぁ。
「あんれま!おら、今年もこんなに立派に実ったんだな!なのにお手頃だど!こんなにでかくて200円、泣ける!食わなきゃ嘘だど!!」ってまさにプロ果実っぽいよね。うん、つい買っちゃうんよ、俺も。

もちろん名産地の枇杷はびっくりするほど高級果実だしおいしいのだろうけど。
僕にとってはいつも、誰かの軒先に実った分をおすそ分けでいただくのが枇杷っていう認識なのでね。
そんな野放図かつ人見知りな庭先枇杷こそが、僕にとっての大好きなThe枇杷なのです。
来年もおすそ分けがもらえるように、ご近所の共用道路の掃除を頑張ろうと思う。

さて、明日は裸眼2.0のリハである。
6/16にライブなのでね、しっかり詰めておきたいと思います。
当日の出番は日暮れ以降になりそうですので、夜ならいけるわよという紳士淑女も是非!
----------------------------
■三月の水3周年記念「祝祭」
・日時 6/16(日)
・場所:漢陽ビル2F(中華料理漢陽楼宴会場)、3F(Bar三月の水)
     千代田区神田小川町3-14-2漢陽ビル2F、3F
<OPEN/START>OPEN12:30/START13:00(予定)
<チケット> 
前売りチケット3000円/当日チケット3500円
+ワンドリンクor飲み放題1900円orミニカレー
<出演>
裸眼2.0(マキノゲン from ザ・カスタネッツ with 鈴木淳)
クールビズ西山
小林愛
野坂ひかり
町田直隆
野澤貴志(シロッコ)
竹前雅樹
ニイオカヨシキ
しば
fufu
片方勇揮(モリソンレコド)
ホンマチューズデーハートマーク
ハナビ(ハナ・ビーンズ)
etc.
<問い合わせ>
info@naturalhi-tech.com
03-5281-7670(三月の水)
<チケット販売>
Tight URL
https://tiget.net/events/56988
または、下記の裸眼メアド宛に予約メールをくださいまし。
ra_gann@yahoo.co.jp

ツバクロ

関東も梅雨入り、今日もそれらしく雨降りの一日。
傘さしながら街道沿いの八百屋へ、畑が広がる道をあるいた。
途中に2階建ての小さなアパートがあって、そこの軒下に燕が巣を作っているのだ。
もう巣立ち始めたらしく子ツバメらしい子もうろうろと飛んだり休んだりしている。
去年も来てたから、燕界では代々受け継がれている軒下なのだろう。

なんでこんなサイタマ私鉄沿線の小さなアパートの軒下を、はるか遠くから海も山も越えて再びピンポイントで巣作りに来るのか。
まったくもって帰巣本能恐るべし。

燕が巣を作ると縁起がいいという。
そりゃそうだなと思う。
はるばるご苦労様ですと思う。
よろしければ来年は我が家の軒下などはいかがでしょうかと提案型サポートもしてしまいたくなる。
嗚呼、黄色いくちばし開いて燕の子が、うちの軒下で騒いでいたならどんなに愉快だろう。
でもうちに巣作りに来るのはたいていアシナガバチとハクビシンなんだなぁ、残念。

しっかり育てや燕の子。いつかはおいで、我が家にも。

プロフィール

マキノゲン

Author:マキノゲン
忘れた頃に更新っすよ。
忘れた頃に思い出してくださいな。

裸眼音源
Snaps
音源とグッズ通販
LIVE情報
【ザ・カスタネッツ】
【東京】イベント
下北沢 CLUBQue
2017/10/27(金)
-------------------
【裸眼】→牧野のソロ活動
●裸眼2.0(マキノゲンwith鈴木淳)
【東京】
新宿red cloth
2017/10/?

【東京】
下北沢 ?
2017/10/?

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示